dress-select.com

キャバドレスを選ぶ時、どこで探したらいいの?値段は?など疑問が出てくることは多いですよね。このサイトでは正しいキャバドレスの選び方やお得な情報など、キャバドレス選びに必要な様々な情報を紹介していきます。

キャバクラの種類5選!まずは自分に合ったお店選びが大切

time 2017/10/27

キャバクラの種類5選!まずは自分に合ったお店選びが大切

キャバ嬢として成功したいなら「自分に合ったお店を選ぶこと」

キャバクラと言っても、今は様々な種類のお店がありサービス内容も違います。
キャバ嬢として成功したいなら、その内容を知り自分にあったお店を探すことが重要となってきます。

お店を選ぶときに気をつけること

まずは、お店選びで気をつけることを確認しましょう。

■天引きされるお金の内容を確認する
福利厚生やドレスのレンタル代などの雑費、あと遅刻などのペナルティで引かれる料金を確認しましょう。

■お店のHPなどで在籍キャバ嬢を確認する
お店の雰囲気は、在籍しているキャバ嬢によって作られます。どのようなキャバ嬢となら上手く働けそうかもリサーチしておきましょう。

■働く前に必ず体験入店をする
実際、お店に行ってみないと分からないことがたくさんあります。働いている人同士の雰囲気は良いのか、サポート役のスタッフの対応はきめ細かいかなど体験でわかる事がありますので、入店前に必ず行いましょう。

キャバクラの種類を知り自分にあったお店を選ぶこと

キャバクラと言っても、今は様々な種類があります。夜間ではなく、早朝から昼にかけて営業しているお店や、ドレスではなく、コスプレをして接客するお店などサービス内容も違います。どのようなサービス内容が自分に合うのかも、お店を選ぶ際、見極めていきましょう。

今回は、ちょっと変わった種類のキャバクラについてまとめてみました。お店選びの参考にしてください。

種類①:露出が多い「ランジェリーキャバクラ(パブ)」

名前の通り、ランジェリー姿で接客を行なうキャバクラです。ランパブと呼ばれることも多いです。
格好以外は、ほとんどキャバクラと変わりません。お客様と会話を楽しんでお酒を飲む。もちろん、おさわりはNGです。しかし、中にはセクシーキャバクラのようにおさわりOKのお店もあるので、働く前に確認しましょう!

ランジェリーキャバクラのまとめ

■ランジェリー姿で接客をする
■サービス内容は、一般的なキャバクラと同じ
■おさわりは原則禁止(お店によってOKなところもある)
■一般的なキャバクラより時給が高め

ランジェリー

引用元:dazzystore

種類②:コスプレで接客してくれる「コスプレキャバクラ」

コスプレキャバクラは、お店のコンセプトによって衣装が変わってきます。アニメ系やメイド系のお店が多いですが、それだけでなく水着や制服姿など系統はいろいろあります。サービス内容は一般的なキャバクラと変わりませんが、知っておきたい知識が異なってくるでしょう。カラオケではアニメソングがよく歌われるようです。メイクもギャルメイクよりかは、アイドルに近いメイクが好まれます。

コスプレキャバクラまとめ

■お店のコンセプトによって、衣装が変わる
■サービス内容は、一般的なキャバクラと同じ
■お客様と写真撮影をすることもある
■メイド喫茶のような耳かきや肩もみなどのサービスもある
■アニメソングが好きなお客様が多い

コスプレイヤー

引用元:コスプレキャバクラってどんなとこ?

種類③:女性の包容力が魅力の「ぽっちゃりキャバクラ」

平均体重が70kg前後、ぽっちゃり体型の女の子が働くお店です。明るくて親しみやすい女の子の雰囲気から、ぽっちゃり好きな男性のみならず、癒されたいという人にも人気があります。女性のお客様も時々いるそうです。一般のキャバクラよりかは、少しフランクなところがありお客様とも親しみやすいでしょう。アットホームな雰囲気のお店が多いです。

ぽっちゃりキャバクラまとめ

■ぽっちゃり体型でも大丈夫
■サービス内容は、一般的なキャバクラと同じ
■お客様の年齢層はどちらかと言うと高めなので、紳士的な人が多い
■よくご飯をご馳走してもらえるが、稀に食べるのが大変な時もある
■お店にもよるが、だいたいアットホームな雰囲気

サングラスをかけた女性

引用元:Pixabayの無料画像

種類④:一般のキャバクラに似た「朝キャバ・昼キャバ」

朝キャバは早朝からお昼にかけて、昼キャバは昼頃から夕方にかけて営業しているキャバクラです。営業時間以外は、一般のキャバクラと変わりはありません。ただ朝や昼間に働くメリットがあるので、働く女の子の中には主婦やOL、シングルマザーなど様々な人がいます。また客層も少し変わっており、多くが夜仕事を終えた人が来店します。中にはホストやBarの店員など、同じ業種の方もいたりします。

朝キャバ・昼キャバまとめ

■服装は、一般のキャバクラより軽めのところが多い
■サービス内容は、一般的なキャバクラと同じ
■夜の仕事を終えた人や、昼間から飲みたい観光客、時間にゆとりのある人が客層として多い
■客単価は高いが、女の子のお給料はやや低め
■昼間に働けるので、生活リズムがとりやすい

カジュアルファッション

引用元:dazzystore

種類⑤:最近話題になっている「ネットキャバクラ」

意外と知られていなのが、このスタイル。これまで紹介したキャバクラとは、サービス内容が全く違います。まず実際に「お店」というのはありません。インターネット上に店舗があり、女の子はウェブカメラを通してお客様と会話をします。働くときは、自宅で都合のいい時間にお客様と会話をするだけ。水商売の基本「同伴」「アフター」などのサービスもないので、ほとんど人と会うことはありません。服装もほぼ自由です。いつでも辞めることができるので、その手軽さから今若い女の子の間で人気になっています。

ネットキャバクラまとめ

■服装はある程度、自由
■お酒が飲めなくてもOK
■24h好きな時に、好きなだけ働けるので遅刻などのペナルティがない
■人と会う事がないので、同伴やアフターもなし
■自宅でできる(PCがない人は、専用のオフィスで働くことも可能)
■お給料が完全歩合制
■自己管理がしっかりしていないと、高いお給料は望みにくい

パソコン操作する女性

引用元:Pixabayの無料画像

自分にピッタリなキャバクラを見つけよう!

キャバクラで働く理由で一番多いのは、「稼ぎたい」ということです。稼げるお店はどこかで選んでしまいがちですが、長く楽しく働くためにもまずは自分に合った店を選ぶようにしましょう。
スキルが身につけば、今度はレベルアップの為にお店を選べるようになります。そうしていくうちに、いつしかキャバ嬢として成功することができますよ。

まずは第一歩!お店選びを頑張ってくださいね。