dress-select.com

キャバドレスを選ぶ時、どこで探したらいいの?値段は?など疑問が出てくることは多いですよね。このサイトでは正しいキャバドレスの選び方やお得な情報など、キャバドレス選びに必要な様々な情報を紹介していきます。

初心者キャバ嬢必見!キャバクラで指名を取るためのノウハウ

time 2017/09/15

キャバクラの指名ってどういうもの?

キャバクラで働く女性にとって、指名はとても大切なもの。
しかし、キャバクラで初めて働く人にとっては、指名ってどういうものかピンとこない人も多いでしょう。

指名は自分のお給料にも関係してくるものです。
つまり、キャバ嬢として稼ぐには指名を増やすことが重要なんです!

ここでは、キャバクラのシステムや指名のテクニックについてご紹介していきます。

キャバクラのシステムを理解しよう

キャバクラで働くのであれば、まずはシステムを理解しておく必要があります。
金額や細かい内容はお店によって異なりますが、ここでは基本的なシステムについて説明していきます。

システム①:料金体系は60分の時間制

キャバクラの料金体系は、60分○○円という時間制になっており、これをセット料金といいます。
セット料金はキャバクラに行った際に発生する基本料金のようなもので、1セット(50分~60分)、1人5,000円~10,000円くらいが相場とされています。

システム②:延長する場合は延長料金が発生する

1セット終了後、お客さんがキャバ嬢ともっと話したいと思えば延長することもあります。その際は延長料金が発生し、30分延長だと3,000円~5,000円、50分延長だと5,000円~10,000円ほどになります。セットが終了する前に、延長するかの確認に来てくれるお店もありますが、中には何も確認せずに時間が過ぎたら延長扱いになるお店もあります。

システム③:セット料料金にプラスして指名料やドリンク料なども発生する

お客さんが気に入ったキャバ嬢を指名した場合、1セットあたり2,000円~3,000円の指名料が発生します。また、キャバ嬢が飲むドリンクも基本的に有料です。カクテルは1,000円~1,500円、グラスシャンパンやグラスワインは1,500円~3,000円くらいが相場です。

システム④:お客さんは「指名客」と「フリー客」に分けられる

お客さんが来店したら、まずはボーイが「ご指名は?」と確認します。来店した時点で指名するキャバ嬢が決まっているお客さんは「指名客」。とくに指名がないお客さんは「フリー客」に分けられます。

システム⑤:指名客とフリー客で接客の仕方が違う

指名客には、当然指名されたキャストがついて接客します。ただし、指名されたからといって指名客につきっきりというわけではありません。他にも自分を指名しているお客さんがいた場合は、指名客の人数で1セットを均等に割った時間で回ります。一方、フリー客にはキャストが2~3回入れ替わりで接客します。

キャバクラには「本指名」と「場内指名」がある

本指名というのは、来店時に「○○ちゃん指名で!」と目当てのキャバ嬢が決まっている場合の指名のことをいいます。キャバクラの多くは、本指名の本数によって時給がアップする給与システムを採用しています。
つまり、本指名される回数が多ければ多いほど時給が高くなっていくのです。

場内指名というのは、フリーで来店したお客さんがお気に入りのキャバ嬢を見つけて指名することです。場内指名もバックという形で給料に反映されることが多く、その後の営業次第では本指名につなげることも可能です。

場内指名を取る方法

本指名を取るためには、まずお客さんに気に入られて場内指名をしてもらう必要があります。
絡んだこともないお客さんが自分を本指名してくれるなんてことは滅多にありませんからね。
場内指名を獲得して本指名につなげるためにも、お客さんに気に入られるテクニックを身につけましょう!

お客さんへの質問を工夫する

フリー客には3人のキャストが入れ替わり接客するので、同じような質問をしてしまわないように少し工夫してみるといいでしょう。例えば、「このお店は初めてですか?」というありきたりな質問を、「あれ?どこかで会ったことあります?お客さんどこかで見たことある顔なんですけど・・・。このお店に来るのは初めてですよね?」というように、同じような質問でも退屈させないような聞き方をするのがポイントです♪

後で呼んでねと言っておく

席を離れる時に、「他に気に入った子がいなかったら後で呼んでね♪」と言っておくと効果的です。
その一言でお客さんが「あの子は呼んだらまた来てくれるんだ」と意識してくれたら、場内指名される確率が高くなります。自分の存在をお客さんの頭の片隅にでも残せれば、気に入った子がいなかった時に指名してもらえるかもしれませんよ♪

具体的に褒める

あまりしゃべらないお客さんにキャバ嬢がよく使うのが、「クールですね」という褒め言葉です。当たり障りのない褒め言葉に思えるかもしれませんが、内気な人やシャイな人は社交辞令で「クールですね」と言われることが多いので、正直あまり嬉しくありません。「自分はしゃべらないから、つまらないのかな?」と思わせてしまうだけなので、「一緒にいると落ち着く~」「大人の男性って感じがしてドキドキする」と具体的に褒めるようにしましょう。

場内指名から本指名につなげよう

場内指名は、お客さんが数いる女の子の中から自分のことを気に入ってくれたという証拠です。
本指名に上手くつなげることができれば、時給がアップして仕事のモチベーションも上がります♪

しかし、その場内指名を取るまでが大変なんです!
フリー客にはキャバ嬢が入れ替わりで接客するので、その中で自分を指名してもらうには会話のスキルを上げたり、男性の心を掴むテクニックを身につけたりしなければなりません。

場内指名は人気キャバ嬢への第一歩です。人一倍努力して、お客さんに気に入られるキャバ嬢を目指しましょう!